北海道 海釣りdiary

アキアジ、サクラマス、ヒラメ、ブリ、マガレイ、クロガシラ、ホッケ、ニシン、ワカサギ・・・ウキフカセ・投げ釣り・ショアジギ、時々ロックやサビキなどの釣り方で、海釣り中心に遊漁船には乗らず基本的にはショアから、北海道で1年中魚を追いかけてます。

北海道仕様 カレイの投げ釣り自作仕掛け公開 これで爆釣確定!? 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
北海道釣行記ランキング

メインターゲットはマガレイとクロガシラ。これらを自作仕掛けで釣果アップさせられるようになるまでの経緯


これまで北海道の日本海を中心にオホーツク海や太平洋など色々な場所でカレイを狙って投げ釣りをしていますが、いったい内地(本州)の方はカレイの投げ釣りをする際に、どのような仕掛けが使われているのでしょうかね。



私は数年前までは当たり前のように、大型釣具店で販売されている市販のL天秤や、遊動式、胴突き仕掛け等を使っておりました。



しかし最近ではカレイの投げ釣り仕掛けは経費削減も兼ねて、ほとんど自作するようになり、もっと良い構造や装飾品があるのでは?と非常に気になりだした今日この頃。



試作品を作っては失敗を繰り返し、時にはインターネットでカレイの投げ釣り自作仕掛け記事や動画を読み漁りながら、試行錯誤の数年でした。


実験のために三本全て同じ距離に投げて釣るような非効率なこともしばしばしてました(^-^;


魅力的な見た目の装飾品「カレイカグラ」


「カレイカグラ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
針のチモトにつける装飾品で、付けるだけでめちゃくちゃカレイが釣れちゃうということで数年前に一部のブログなどで密かに話題になっていました。
縦長の形状でアワビなどの貝殻模様を施した装飾品で、これを器用に自作している人や、一部の釣具店ではなかなかの値段で販売されていた商品です。


もちろん購入して実際に試したこともありますが、効果は確実にありました。サクラマスなどのルアーフィッシングでも効果的なシェルのアピール力を、カレイでも実感できたような気がします。


そうそう、アワビ系といえば市販品でも、アワビビーズという商品がありますね。これもなかなか高額です。


そう、コストが掛かるのが最大の弱点なのです。


資金に余裕のある方にはおすすめです。


市販品よりも釣果をアップさせる自作カレイ仕掛けの条件


そんなこんなで、ようやく最近になって、ある程度自作仕掛けのコンセプトが固まってきたかなという状況で、まだまだ道半ばではありますが、私なりに釣果がアップするカレイ仕掛けの条件をご紹介してみます。




優先順位順に並べると・・・

1、遠投性。
2、とにかく派手な装飾品。
3、耐久性。
4、絡みにくい針の位置。

だと考えています。順番に説明していくと、

1、遠投性

これは絶対条件です。
飛ばない仕掛けでは狙える範囲が狭くなります。
自分はせいぜいフルキャストで150mくらいですが、仕掛け一つで数十メートルの差が出ることもあります。
究極は装飾品をつけずに空気抵抗を減らした1本針仕掛けですが、その他の重要事項とのバランスや、2つ針があってエサが付いている方がアピール力もダブルヒットの可能性も出てきますし、そもそもちょん投げの方が釣れるような場所もたくさんあるので、結果として自分は2本針を使うことが多いです。

要はバランスということですね(笑)

2、とにかく派手な装飾

これもかなり重要度が高いです。

しかし、エサ取りの魚(北海道ではギスカジカやカニなど)が多い場所ではもろ刃の剣と化します(笑)
そのため状況に応じてとはなりますが、確実に派手な仕掛けの方が釣果が伸びたという経験が多いです。
好奇心旺盛なカレイにはヒラヒラやキラキラが確実に効果的です。
ではどのように派手にするとよいのか?


実はこの記事の一番大事な部分がここにあります。


それはカレイカグラの効果でも実感できたアワビ柄の装飾品(カレイを誘う柄)、蓄光タイプのビーズ(海底で発光して誘う)、そして発砲フロートを針のチモトに付ける(ユラユラさせて誘う)ということです。
この組み合わせが現在の私なりの王道となっています。
資金に余裕があるときは、さらに効果絶大のルミックスダンサーもつけますが(笑)

3、耐久性

ハリスは針が錆びたりしてきたら取り替えますが、メインの幹糸は余程のことがない限り使い続けます。なのでナイロンの16号を使用しています。
そして、一番需要なのがハリスの太さです。
細い方がユラユラするし食い込みが良いと言われており、市販品もだいたい3~5号が多いと思います。しかし自分は7号か8号を使用しています。
カレイは飲み込むので、外すときに擦れて切れてしまうことが多く、ギスカジカなどの外道だと特にそれが顕著になります。
室蘭や苫小牧の大型クロガシラや、積丹のマガレイなどを狙う際は、耐久性も大事だと考えます。
マガレイを数釣りするとハリスがヨレることありませんか?
太いハリスなら何とかノーメンテでも一日くらいは持ちこたえられるので、経済的でもあります(笑)

4、絡みにくい針の位置

昔は欲張って三本針等も作ってましたが、エサの消費が凄いので、今は二本に落ち着いてます。
カレイが飲み込みやすいようにハリスをできるだけ長く取りたいですよね。
でも二本の針がぶつかってしまうような設計だと、投げたときや潮の流れで絡まってしまい、魚が食いつけない状態のまま気づかずに放置してしまったりしては非常にもったいない。
さらに知床など活性が高く魚影が濃い場所でやると、一匹のカレイに二本とも食べられる何てこともしばしばあります。
なので、上針と下針は可能な限り離すようなギリギリのバランスで設計することが大事だと考えています。

その他のこだわりポイント

その他にも、針の形状やオモリの装飾など、まだまだ色々ありますよね。


針はカレイ針を使用してます。号数は13~15号。大型を狙うときは16号もまれに使用します。
私は小型のカレイは釣れてもリリースするので小さい針は基本的には使いませんが、一般的に13号くらいの方が確実に食い込みは良いと思います。
外れにくいとされるチヌ針や丸セイゴもありますが、自分はイソメをできるだけ長く付けたいという単純な発想と、カレイの吸い込みやすさ重視で、針の全長が長いカレイ針を好んで使用しています。


オモリは気分的な問題だと思いますが、海底で光るように畜光スプレーで塗装してます。蛍光ではなく蓄光なのと、ケイムラコート材で塗装剥がれを予防しているのが一応こだわりポイントです(笑)



f:id:tsuribaka-haru:20200606104038j:plain





だいたいこんな感じです。





マガレイとクロガシラで効果的なカラーやパーツにも違いがありそうですが、それはまだ検証中なのでまたの機会にします。





それで結局どんな仕掛けを使ってるのさ、とツッコミがきそうなので、たいした出来ではありませんが写真もアップしておきます。

動突き二本針仕掛け

f:id:tsuribaka-haru:20200605185235j:plain



f:id:tsuribaka-haru:20200605185229j:plain


動突きL天秤仕掛け(発砲フロート)

f:id:tsuribaka-haru:20200605185351j:plain



f:id:tsuribaka-haru:20200605185503j:plain


胴突きL天秤仕掛け(ケイムラボール)

f:id:tsuribaka-haru:20200605185708j:plain



f:id:tsuribaka-haru:20200605185743j:plain



実は自作仕掛けを、メルカリの嫁さんのアカウントで販売してみました。


ほとんど利益はなのですが、パーツにこだわりすぎているため市販品よりも高価格になってしまってます(^-^;

自分で作るのが面倒な方や、使用してみた率直なご感想を頂けるような好奇心旺盛な方は、下記のリンクからご覧になってみてください。




www.mercari.com




www.mercari.com




www.mercari.com